2007年04月01日

結婚式スピーチ

結婚式スピーチ


?kextukonn 0013.jpg


新郎・新婦と、どんな間柄でも結婚式では守らなければいけないルールがありますからお互いの為、に厳守しましょう。
悪気がなかったからというのは言い訳になりますよ。
これを守れば、新郎・新婦・両家の親族、そして来賓の方々等に失礼なスピーチはしなくて済むと思います。


スピーチの時間は短く

だいたいの目安は、3〜5分とされています。当然なのですが、どんな良い感動するスピーチでも長ければ、飽きますし、段取りや次の婚式を行う方の迷惑になる事も有りますのでご注意下さい。


ことわざや格言は、あとではずかしい思いをしないように意味を調べてから使用しましょう。

花にも注意
よく花嫁を花にたとえることがありますが、花言葉によってはあまり良くないものもあります。
「ひまわり」などは、「高慢」があります。しかし、花言葉も色々とあり「ひまわり」でも「愛慕」「憧れ」等と言う良い意味があるものもあるので、もし、どうしても使いたい時は、上手く花言葉の意味を添えるほうが、良いですね。

親や肩書き等は言わない


相手の立場を考える

近年は、「再婚」と言うのは珍しくないので、スピーチなどで「再婚」というキーワードを使うのは考えものです。
又、「姉さん女房」等といった発言も、相手が気にしたり傷付いたりするので注意が必要です。

話す時間は3分以内が目安で2分ぐらいで短いのがベストです。
結婚スピーチは、新郎新婦へのお祝いの言葉なのです。
できるだけ自分の気持ちや感情を織り交ぜたスピーチにするかがポイントとなります。

新郎新婦の顔を見ながら、語りかけるようなスピーチは、他の人から見てとても温かく感じます。

「新郎新婦がどれだけ素晴らしい人柄で、どれだけ素敵な人か」という点を重点において、エピソードなどを入れると光景が一人ひとりに想像でき、とても楽しく聞けるようになります。

難しい言葉は使わないで、(心の中で中学生位の年齢をイメージする)誰にでもわかりやすく理解しやすい言葉を使いましょう。
私のスピーチを聞いた中学生がとてもよくわかるおはなしでした。とあとで伝えてくれたことがありました。

緊張すると早口になりますから、ゆっくりと話すように心がけましょう。
特に大切な大事な言葉の前や後に間を入れると印象に残り、丁寧なスピーチになります。


昔からあるタイトルですが、3分間スピーチという本やテキストが多いですね。長すぎず短すぎない、ちょうど良い時間だと思います。
400字詰の原稿用紙半分くらいですから、あ、っと言う間です。
起承転結に注意しながら書いていくと良いでしょう。
ユーモアを取り入れる事が出来ればGOODですが、無理なようであれば、男性なら軽く足を開いて立ち、女性なら両手を前で重ね、笑顔でスピーチすると良いでしょう。
緊張する人は紙に書いたものを見ても良いですが、時々顔を上げて、皆さんを見るようにしましょう。


出席者全員がスピーチという時には、時間の関係もありますから、手短に「おめでとう」か、少し言葉を添える程度で良いでしょう。
しかし、突然、指名されてスピーチをしなくてはならない時にはチョット困りますね。
万が一の事を考えて、注意すべきポイントを覚えておきましょう。

スピーチの時間は3分以内でまとめ、最初にお祝いの言葉(おめでとうございます等)、自分と新郎新婦との間柄と簡単な自己紹介、新郎新婦とのエピソード、そして結びの言葉(はなむけの言葉)で終わりとします。

スピーチ中に気をつける事は、出来るだけハッキリと話す、新郎新婦の顔を見て話す、早口は禁物、「切る」「終わる」など結婚式にとって嫌われる言葉『忌み言葉』は使わないなど、立ち方にも気をつけて見た目に不快感を与えないように気をつけると良いでしょう。
友人の挨拶
友人の挨拶の流れとしては、まずは新郎新婦へのお祝いの言葉、次に、新郎新婦の両親・親族へのお祝いの言葉、それから自己紹介をします。
新郎新婦のどちらの友人であるかを述べ、エピソードなどを盛り込んだ内容を話して、これからの二人へ応援の言葉、最後に結びの言葉を述べる、というのが一般的のようです。

友人としての挨拶ですので、他の方の挨拶よりは柔らかい、少しジョークを混ぜたような内容が良いかと思いますが、あまりにも砕けた内容ではヒンシュクをかいますので、ほどほどにしておいた方が無難です。
あくまでも結婚式である事を忘れないでください。
新郎新婦が隠しておきたいと思っている暴露話や、過去の恋愛の話などは絶対に禁句です。

友人代表の挨拶とは、友人から見た新郎新婦の良い所をご両家や出席者にアピールすることなのです。

友人としての挨拶友人としての挨拶は、まず、新郎新婦へのお祝いの言葉を述べてから、新郎新婦の両親や親族の方々にお祝いの言葉を贈りその後自己紹介をしましょう。
まず、新郎新婦のどちらの友人なのかを明らかにした上で、エピソードや思い出などを盛り込んだを話して、将来の二人へ応援の言葉を述べてから、結びの言葉を述べるというのが、標準的な形です。


友人ですから、硬くならないように留意し、ジョークをも混じっていたほうが良いと思いますが、砕きすぎるとひんしゅくの元になります。
又、新郎新婦が内聞にしておきたいと思っている話や、過去の恋愛の話などは絶対にしないで下さい。

友人としての役割は、友人から見た新郎新婦の長所をご両家や出席者にアピールすることです。
しかし、美辞麗句を並べるだけでなく、実感のある表現をしましょう。


新郎であれば、男らしくカッコ良いいところ、頭の良いところ、勇気や決断力といったところでしょうか。
しかし、ケンカをしたなどのエピソードは本人の承諾を取り、暴力的なところは、しつかり否定しつつ新郎の男らしさを語りましょう。
新婦の場合は、かわいいところ、仕事をしているのであれば、新婦の人柄が伝わるような現在の仕事ぶりや料理が得意など、そういったところでアピールしてください。黒ハート





続きを読む
posted by でんじろう at 12:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 披露宴スピーチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。