2007年05月05日

結婚式 ドレス

小さな頃から、夢見ていた結婚式で着るドレス!人生で最も輝く日のために最もキレイなワタシを残しましょう!そのために、まずは!自分のなりたいイメージや、体形から似合うドレスや自分の個性を最も引きだせるものを選びましよう。ただし、、自分が着てみたい衣装が似合うとは限らないので、試着のときには、母親やセンスの良い友人にいっしょに行ってもらい、客観的なアドバイスをしてもらいましょう。 るんるん

衣装を選ぶときは、時間をかけてじっくり選ぶことが大切です。最近は安くてよいドレスが海外から入ってきていることもあり、洋装の場合、1割近くの人は新しく購入するようですし、自分で造る人もいますが、やはり主流はレンタルです。
5ヶ月前から結婚式で着るドレス探しを開始。 1〜2ヶ月前 結婚式で着るドレスを決定。1週間前 小物や下着を決定。 持ち込みの場合は、到着日時や場所を確認。 るんるん

?kextukonn 032.jpg



キリスト教式であればウェディングドレスです。

ウェディングドレスの種類は、ドレスのシルエットによって名前がつけられているようです。
スカートがフワッと広がっている『プリンセスライン』、人魚のような『マーメードライン』、スカート部分がストンと広がってアルファベットのAに似ているところから『Aライン』、体の線に沿ったラインの『スレンダーライン』などがあります。

ベールは、オーソドックスなものから、パイピングベール・マリアベールなど、アクセサリーでは、ティアラやクラウンと呼ばれる王冠、ボンネットと呼ばれるカチューシャのようなもの、生花など。

選び方ですが、もちろん新婦さんの好みが第一ですが、挙式会場によって変わってくるのではないでしょうか。
特に小さい会場などの場合(レストランなど)あまりにも広がっているドレスでは、身動きが取れないなどの心配が考えられます。

ドレスを先に選んでも良し、髪につけるもの(ベール、アクセサリー)から決めて、似合うドレスを選ぶのも良いですね。
まずは、実際にご覧になるといいと思います。

もし、下見などにいかれる場合は、まずお店に電話で確認を取ってから行くようにすると良いでしょう。
予約が要らないところでも、電話をしておいた方が時間を空けて担当者が待ってくれていますので、詳しい説明やアドバイスなどが聞けると思います。
posted by でんじろう at 13:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 結婚式服装 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

結婚式服装

結婚式・結婚披露宴の衣装・服装

紋付羽織袴と白無垢・綿帽子
紋付羽織袴と色打掛・角隠し
結婚式の衣装について、神前式の場合、新郎は紋付羽織袴、新婦は白無垢に綿帽子、あるいは色打掛に角隠しであることが多い。キリスト教式の場合、新郎はモーニングコート(昼間)かタキシード(夜間)、新婦は純白のウェディングドレスを着る。多くの結婚披露宴では、お色直しとして新郎新婦が中座し、和装から洋装へ、あるいは純白のウェディングドレスから華やかなウェディングドレスへ着替える。
新郎新婦の両親や親族の服装について、男性は紋付羽織袴かモーニングコート、あるいは黒いスーツに白いネクタイを着けることが多く、女性は和服ならば五つ紋の留袖(黒留袖、色留袖)か訪問着、振袖(未婚者)、洋服ならば純白以外の派手にならないドレスを着ることが多い。
その他の招待客の服装は、男性は黒いスーツかダーク・スーツに白や明るい色のネクタイを着けることが多く、女性は和服ならば色留袖か訪問着、中振袖、一つ紋の色無地、付け下げなど、洋服ならば純白以外(白は新婦の色である)の派手にならないドレスを着ることが多い。






結婚式にはなぜ、素敵な洋服を着ていかなければいけないかご存知ですか?
それは、お洒落をする事がお祝いにつながるからです。
結婚式に素敵な衣装を着て、結婚式の雰囲気を華やかに彩ってあげましょう。

衣装がない場合、購入するか、レンタルするかのどちらかが一般的です。
購入する際は、デパートやお店・通販などが多いでしょうか。

でも、滅多に着る機会の少ないパーティードレスは、次回の時に体系が変わっていないとも限りません。
いつでも違う衣装を、その時の体系に合わせて着ることの出来る、アフターケアも必要ないレンタルはとっても便利ですよ。
ぜひ、参考にしてみてくださいね。

レンタルには、洋装の場合、一般的なドレス・マタニティドレス・大きめサイズのドレスのサイズがあり、料金は1万円前後が一般的のようです。
その他にも、ネックレスやイヤリング・バック・パンプスなどの小物が用意されているようで、別途料金はかかりますがコーディネートするには便利かと思います。
和装の場合、料金に大きな幅がありますが、留袖が1万円〜・色留袖が2万円〜・訪問着が2万円〜・色無地1万円〜・振袖が4.5万円〜というお店が多いようです。


出席する男性の服装男性の場合、黒のスーツ、白のYシャツ、白またはグレー系のネクタイという正装が一般的でしたが、若い方の場合には、素材の良いスーツに白系のYシャツ・色を揃えたネクタイとチーフという、礼服ではない服装が主流のようです。

礼服は『親族か年配の方』というイメージが定着しつつあるようです。
しかし、挙式や披露宴の会場や内容・出席者の状況にもよりますので、出席する友人・知人の方と相談してから服装を選ぶ方が間違いがないでしょう。

基本的に、礼服やディレクタースーツが無難ですが、平服と言う場合はダーク系のスーツにすると失敗が少ないようです。
シングルやダブルは特に関係なく、ネクタイはシルバーグレーや白黒のストライプ・白の織柄系が無難でしょう。
靴はローファーなどではなく紐の付いたものを選びましょう。

招待状に「平服で」と書いてあったとしても、Gパンにシャツなどの普段着は避けるべきです。
やはり挙式ですから、それなりの服装で行った方がいいでしょう。
とはいえ、最近では新郎新婦が普段着という結婚式もあるそうですので、出席される方たちと相談するのが一番かもしれません。
女性にも言えることですが、ゴールド系は使いすぎないでくださいね。


出席する女性の服装結婚式に呼ばれた女性が着ている服は、黒系が多いようです。
黒はとても素敵ですし無難ですが、結婚式という華やかな場所なので、出来れば明るい色を選びましょう。

男性が黒系のスーツですから、華やかさを演出できるのは、やっぱり女性だと思うのです。
新婦さんより目立ってしまうのは困りますが、お祝いの席ですので、華やかなスーツやワンピースで場を彩ってほしいと思います。

ただ、周りの女性が黒ばかりで、一人だけ目立ってしまうのはイヤという場合は、コサージュなどの飾りではなく、お洒落な明るい色のアクセントを付けるというのも良いですね。

どんな服装で参加するのか、他の女友達に聞いてから考えるといいでしょう。

服装で気をつけるポイントは、新婦より目立たないこと。
白以外の服を選ぶ。肌が露出しすぎないもの。
裸足は失礼に当たるので、ストッキングは履き、正装(アフターヌーンドレス)・略礼装(フォーマルスーツ)と呼ばれる服装で、光沢の無い素材を選びましょう。
バックや靴も光沢の無いものを選び、蛇などの爬虫類系は避けてください。
アクセサリーは特に問題ありませんが、ゴールド系はあまり多く使わないほうが良いでしょう。


新郎の衣装新郎の衣装にもさまざまなものがあります。
まずは洋装から。

モーニングコート
上着の前は短く、後ろが長くなった昼夜問わず着ることのできる正礼装。

タキシード
夜専用の準礼装で、下に着るシャツはウィングカラーの白のドレスシャツと蝶ネクタイ。

フロックコート
昼夜問わず着用できる正礼装。
膝丈ほどある長い上着が特徴で、身長が高く細身の方向け。

テイルコート
俗に言う燕尾服というものである。
上着の後ろがツバメの尻尾のようになった正礼装。

ディレクタースーツ
昼専用の準礼服。
黒の上着と、黒とグレーの縞ズボンをセットに着る。

ブラックスーツ
昼夜問わず着る事のできる準礼装。

ドレスアップスーツ
昼夜問わず着ることのできる略礼装。

和装なら、紋付羽織袴で色は黒主体でしたが、最近では黒以外のものもあるようです。

選ぶポイントとしては、新婦さんとの衣装のバランスが一番重要となります。
まずは、実際にご覧になるといいと思います。

もし、下見などにいかれる場合は、まずお店に電話で確認を取ってから行くようにすると良いでしょう。
予約が要らないところでも、電話をしておいた方が時間を空けて担当者が待ってくれていますので、詳しい説明やアドバイスなどが聞けると思います。


新婦の衣装新婦さんの衣装といえば、形式によりますが一般的に着物かドレスのどちらかとなります。

神前結婚であれば、文金高島田に角隠し、あるいは綿帽子、そして白無垢か色打掛・振袖、十二単などです。
仏前結婚であれば、綿帽子が一般的ですが、最近では、あまり気にせず角隠しやドレスを着る方もいるようです。

キリスト教式であればウェディングドレスです。

一生に一度のウェディングドレスを購入する人も増えてきました。
既製服の値段だけでいえば現在はレンタルしても購入してもあまり差はありません。ただし、レンタルの倍、ドレスだけでなくアクセサリーや手袋、靴などの小物まで、トータルに一箇所でそろえることが出来るのに対し、購入する場合は、すべて自分で探すことになります。
また、既製服はシンプルなデザインのものが主流なので、ゴージャスな雰囲気のドレスを希望する場合は、探すのかたいへんです。

ウェディングドレスの種類は、ドレスのシルエットによって名前がつけられているようです。
スカートがフワッと広がっている『プリンセスライン』、人魚のような『マーメードライン』、スカート部分がストンと広がってアルファベットのAに似ているところから『Aライン』、体の線に沿ったラインの『スレンダーライン』などがあります。

ベールは、オーソドックスなものから、パイピングベール・マリアベールなど、アクセサリーでは、ティアラやクラウンと呼ばれる王冠、ボンネットと呼ばれるカチューシャのようなもの、生花など。

選び方ですが、もちろん新婦さんの好みが第一ですが、挙式会場によって変わってくるのではないでしょうか。
特に小さい会場などの場合(レストランなど)あまりにも広がっているドレスでは、身動きが取れないなどの心配が考えられます。

ドレスを先に選んでも良し、髪につけるもの(ベール、アクセサリー)から決めて、似合うドレスを選ぶのも良いですね。
まずは、実際にご覧になるといいと思います。

もし、下見などにいかれる場合は、まずお店に電話で確認を取ってから行くようにすると良いでしょう。
予約が要らないところでも、電話をしておいた方が時間を空けて担当者が待ってくれていますので、詳しい説明やアドバイスなどが聞けると思います。




posted by でんじろう at 13:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 結婚式服装 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。