2007年06月17日

結婚式髪型

結婚式に呼ばれた時には、結婚式ヘアスタイルは、美容院に依頼すると言われるかたがほとんどですが、美容院に依頼する場合の留意事項を書いてみました。

事前に予約をして、和装の時には、着物を美容院へ持参しておくようにします。
着物はたくさんの小物が付随しているので、美容院でチエックしてもらいましょう。

ドレスの時も、美容院で着替える場合や自宅で着替える場合を考慮して時間の調整を行いましよう。

、服装はかぶるタイプの洋服ではなく、前空きの洋服を着ていくようにしましょう。

、着てきた服などを預かってくれるか確認することも必要になります。

髪型のイメージは言葉では表現しにくいものですから自分の希望する髪形が載っている雑誌を持っていくのが一番ですよ。


ウェディングドレスの時には、髪型はウェディングドレスが決まってから考えたほうがベストです。

最初にすることは、全体的なイメージ(雰囲気、色彩)を考えてから、ウェディングドレスを選び、ベールにするかアクセサリータイプにするかを決定した後に髪型や化粧を考え、係りの美容師さんと相談しながら決めるのがいいでしょう。

また、ご自分の両親や相手のご両親の親戚に美容師さんがいた場合、薦められると断りずらい事があるかもわかりません。ほんとうに自分のイメージを大切にしてくれる人かどうか確認して、わからない場合は旦那様を通して何か理由をみつけてやわらかくじょうずにことわってもらいましょう。


かわいい感じのプリンセスラインや、Aラインのドレスなら、かわいい感じの髪型が似合いまあす。マーメードラインやスレンダーラインのドレスならシンプルな髪型が似合うでしょう。


美容師さんは大勢の方を担当していますから、事前に希望の髪形を伝えたとしても、当日きちんと覚えているとは限りません。
自分の希望していた髪形と少し違うなと思ったら迷わないで、自分の気持ちを必ず伝えましょう。
一生に一度の結婚式です。少しでも不満があれば、忘れる事のできない後悔になる場合もありますからやわらかく丁寧に伝えましょう。
きっと相手の美容師さんも気持ちよく結ってくださると思います。


和装の場合、かつらを被るのが通常ですが、あごや頭を左右、上下に動かしてみて、自分の頭に合っているかを確認してから決めるようにしましょう。
年配の美容師さんの中には(特に和装でかつらの場合)昔ながらの化粧法で顔を壁のように厚塗りする場合があるようです。
花嫁さんは、顔に壁のヒビが入って披露宴の間、まったく笑うことが出来なかったという笑えない?話が何件か今でもありますから、普通の化粧をしてもらいましょう。
posted by でんじろう at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 結婚式準備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。