2007年06月01日

結婚式場

@こんにちわ〜今日は結婚式場へ初めて見学に行ってきましたモバQ
見学と言っても、ボクたちは家族だけでの小じんまりした式を考えているので、・・・彼女も、乗り気だったよ♪黒ハート



A結婚式場って夢のある雰囲気ですネ!たくさんの友人や家族に囲まれて祝福されたいな♪イベント



Bまだぼんやりしているけど結婚式場に対する考えが少しづつまとまっていく感じがしています。わーい(嬉しい顔)

レストランやゲストハウスでの結婚式がお薦めです。
パターンとしては、教会式又は人前式の何れかを選ぶカップルが多いです。
普段はレストランとして営業しており、結婚披露宴の予約が入った時は、貸切にするというお店から、挙式だけ取扱うお店までいろいろで、さまざまの形態があります。

会場収容人数は60〜80名あたりのお店が多いと思いました。

利点はお洒落な空間を貸切で演出できる。
オリジナルメニューで、料理にこだわった挙式が可能である。
高級感のあるゲストハウスから、低価格の気さくで親しみやすい雰囲気のゲストハウスまで、気持ちに合わせて幅広く選ぶ事ができるので、手作りの結婚式を望むカップルなら、とっても良いでしょう。

不利なことは、人数に制限がある、駐車場が狭分、問題も発生しやすく、アクセスの悪い場所では、タクシーをチャーターしなければなら
くなる場合もありますが、フランス料理やイタリア料理などが選べる所もありますので、まずはリサーチしてみてはいかがでしょうか?


教会・神社での結婚式
教会・神社などで挙げる利点ですが、古式にのっとり、おごそかに挙式できる事。


挙式のみであれば、披露宴は美味しい料理をだしてくれるお店を選ぶ事で、個性的な披露宴が演出できるし、引き出物は外注だから、たくさんの取扱店の中から選べるので、選択枝が広がる。

不利な点は、郊外にある場合が多く、アクセスが悪い。
美容院・教会(神社)・レストラン・引き出物・印刷物などの手配全てを自分達でしなければならない。
支度は美容院でしなければならないし、挙式・披露宴が別になる為に全員が移動する事になります。


ホテルでの結婚式

結婚式をホテルで挙げる場合の利点ですが、接客やサービスに関しては質が高い。

遠方からの招待客が多い場合、宿泊先が一緒というのは移動の心配もなく気持ちも楽で実際に便利です。又、一般の方が使える美容室もあるので、当日、ラフなスタイルで来てから支度をすることもできます。


ホテルによりますが、挙式スタイル(神前・キリスト教・人前など)が選べます。

不利な点は、料理が冷めていたりするのに、料金が高い場合もありますから、素敵なホテルだとおもったら、以上のことを大丈夫かどうか聞いてみましょう。

ホテルは宿泊がメインですので、料理まで手が届かず、温かい料理をテーブルに出すところまで手が回らないホテルも多いようですが、美味しい料理を売りにしているホテルもあるようですから、まず内容を聞いてみましょう。


結婚式場
結婚式場はウェディングが専門ですから、二人の希望する結婚式にしてくれる可能性の一番大きいところです。

?kextukonn 007.jpg




もし、自分ノ損を希望しているのであれば、2から3軒の結婚式場に質問し、料金などのチェックをしてみましょう。

結婚式場にばそれぞれのマニュアルが有り、又経験豊富なスタッフがいますから、スムーズに挙式が出来ると思います。

逆に、結婚式場の不利なことは、大安であったりすると、大変込み合いますので、履物や衣装が紛失しないように注意が必要ですし、費用も他と比べて若干高いと思います。


費用などは結婚式場によって違いますので、まずは聞いて下さい。

、結婚式の内容が決まらないという方は、最近では、さまざまなプランが用意されていますので専門の人に相談してみてください。

オープンキッチン形式に対応している結婚式場もあるようです。

公民館、農協会館、商工会館なども自分でする場合のオリジナル性は高いです。


結婚式場選び
結婚式場の主なものは、結婚式場・ホテル・神社・教会・レストラン・公民館ではないでしょうか。
まずは、当人が「どのような結婚式を挙げたいか」「どのような結婚式なら挙げたくないか」を明確にする事です。


結婚式場には、ブライダルフェアーなどのイベントがありますのでまず覗くことからはじめましょう。

素敵な協会や結婚式場を見つけたら、まずは話を聞いてみましょう。
自分達当人の納得が最重要です。ハートたち(複数ハート)
posted by でんじろう at 12:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 結婚式準備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/40838785

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。