2011年07月24日

結婚式近年の傾向

結婚式近年の傾向 キリスト教結婚式 結婚するカップルの約65%がキリスト教式スタイルで挙式します。 最近では、ホテルや結婚式場にしつらえたチヤペルでなら、信者でなくても気軽に式が挙げられます。ただし普通の教会では、二人のどちらかが信者であることが原則です。神と参列者の前で結婚を誓い、愛のあかしに指輪を交換します。教会でなくホテルや式場でする場合でも、普遍的で王道たる結婚式を希望する人は信者でない場合、教会の牧師さんの講習を受けて教会の牧師さんに結婚の司式をしてもらいます。 新郎新婦入場 牧師や神父(司祭)が式の開始を告げると、新郎は介添え人(媒酌人、友人、知人)とともに入場し、聖壇前右側に立つ、次に新婦が父親に付き添われてバージンロードを歩き、新郎の左側に立つ。 250px-Wedding_cake.jpg 300px-Weddingring-JH.jpg 続きを読む
posted by でんじろう at 00:00| Comment(50) | TrackBack(6) | 結婚式準備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月08日

ハネムーン

結婚式の準備としてハネムーンの計画は欠かせませんが私の失敗は最初沖縄に行こうとして、飛行機やホテルが満席満員で予約がとれず、やむなくどんどん南へ下がって香港にいくことになってしまいました。最初に狙った目的の場所へ行くためには、結婚相手の都合や日程、予算のこともありますので、できるだけ早めに予約をいれましょう。



下記はウイキペディアから引用されています。



ハネムーンの語源は蜂蜜酒に関連する。

古代から中世にかけてのヨーロッパでは、新婚家庭で花婿に精力増強効果が期待され、またはミツバチの多産にあやかって蜂蜜酒が飲まされた。この約1ヶ月の間、新郎新婦は家から出ずに子作りに励んだという。

今日で云う所のハネムーンでは、流石に蜂蜜酒を飲みながら行為に耽る事はしないが、通例として新婚初夜から数日間は旅行しながら濃厚な休暇を楽しむものとされています。

余談ですが、お酒を飲みながら行為にはげむと身体の弱い子供やなんらかの問題があるらしい?ので根拠はないのですが・・・注意・・・が必要かも・・・・

日本の新婚旅行に関して
日本で初の新婚旅行を行ったのは、坂本龍馬とされ、お龍との新婚後暫らくは薩摩に滞在しており、その温泉というものが、ささやかな形で現存している。(テレビの番組で見ました)ただしこれは寺田屋事件で負った傷の治療(湯治)もかねてという事であるから、今日のロマンチックなものとは、些か赴きも違った事だろう。

日本では大正・昭和に入って新婚旅行に行く大衆も見られるようになった模様だが、第二次世界大戦以降の高度経済成長期までは、専ら日本国内の近場の旅行が多かった。東京の住民が熱海の温泉宿で二泊三日程度の旅行をしたなどという話も聞かれる。

その新婚旅行も、1970年代以降には急速に海外指向が増大、ハワイ等への渡航者も多く見られた。1980年代よりはインドネシア・グアムやフィリピンやフイジー諸島等といった方面も人気を集め、1990年代よりはオーストラリアやヨーロッパ方面も人気である。アジア方面では中国や韓国も文化的な親近感と観光開発の進行で人気を集めている。しかしエジプトなどの中東方面も文化的な名所の多さから人気があったものの、1990年代中葉よりしばしば発生しているテロの関係で、2000年代では人気に陰りも見られる。

タグ:ハネムーン
posted by でんじろう at 03:21| Comment(13) | TrackBack(1) | 結婚式準備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月17日

結婚式髪型

結婚式に呼ばれた時には、結婚式ヘアスタイルは、美容院に依頼すると言われるかたがほとんどですが、美容院に依頼する場合の留意事項を書いてみました。

事前に予約をして、和装の時には、着物を美容院へ持参しておくようにします。
着物はたくさんの小物が付随しているので、美容院でチエックしてもらいましょう。

ドレスの時も、美容院で着替える場合や自宅で着替える場合を考慮して時間の調整を行いましよう。

、服装はかぶるタイプの洋服ではなく、前空きの洋服を着ていくようにしましょう。

、着てきた服などを預かってくれるか確認することも必要になります。

髪型のイメージは言葉では表現しにくいものですから自分の希望する髪形が載っている雑誌を持っていくのが一番ですよ。


ウェディングドレスの時には、髪型はウェディングドレスが決まってから考えたほうがベストです。

最初にすることは、全体的なイメージ(雰囲気、色彩)を考えてから、ウェディングドレスを選び、ベールにするかアクセサリータイプにするかを決定した後に髪型や化粧を考え、係りの美容師さんと相談しながら決めるのがいいでしょう。

また、ご自分の両親や相手のご両親の親戚に美容師さんがいた場合、薦められると断りずらい事があるかもわかりません。ほんとうに自分のイメージを大切にしてくれる人かどうか確認して、わからない場合は旦那様を通して何か理由をみつけてやわらかくじょうずにことわってもらいましょう。


かわいい感じのプリンセスラインや、Aラインのドレスなら、かわいい感じの髪型が似合いまあす。マーメードラインやスレンダーラインのドレスならシンプルな髪型が似合うでしょう。


美容師さんは大勢の方を担当していますから、事前に希望の髪形を伝えたとしても、当日きちんと覚えているとは限りません。
自分の希望していた髪形と少し違うなと思ったら迷わないで、自分の気持ちを必ず伝えましょう。
一生に一度の結婚式です。少しでも不満があれば、忘れる事のできない後悔になる場合もありますからやわらかく丁寧に伝えましょう。
きっと相手の美容師さんも気持ちよく結ってくださると思います。


和装の場合、かつらを被るのが通常ですが、あごや頭を左右、上下に動かしてみて、自分の頭に合っているかを確認してから決めるようにしましょう。
年配の美容師さんの中には(特に和装でかつらの場合)昔ながらの化粧法で顔を壁のように厚塗りする場合があるようです。
花嫁さんは、顔に壁のヒビが入って披露宴の間、まったく笑うことが出来なかったという笑えない?話が何件か今でもありますから、普通の化粧をしてもらいましょう。
posted by でんじろう at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 結婚式準備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月10日

婚約の意義と形

それぞれに独立をしている人間として、お互いに結婚に同意すれば、二人の間のおいては将来に結婚することを約束したことになります。
しかし結婚はお互いに両親の戸籍から離れて、新しいひとつの戸籍をつくる社会的な行為ですかた、公私共に実生活での事柄が大きく変わっていきます。
婚約とはそのような結婚を前提とした二人の決意を公にして、二人で歩む社会的行為の第一歩です。

婚約の形としては、結納を取り交わした時点で、婚約が成立しますが、結納をしないで、指輪を贈ることで、婚約とする場合も多く見られます。
また、結納の品に指輪を添える場合もあります。
(正式な結納)仲人が結納品などを持って両家を行き来します。
(略式結納)仲人をたてていない場合は新郎の父親か新郎が務めます。
(キリスト教式)正式には婚約式を行う

posted by でんじろう at 16:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 結婚式準備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月09日

結婚式 準備(結納)

結納  結納は婚約のしるしとして品物を取り交わす風習ですが、地域のよっては、しきたりが違ってきます。正式か略式か、など両家がよく話しあって、形式を整えるようにしましょう。
違う場合は男性側に合わせることが多いようです。


結納の形式
地域のよっては、しきたりが違ってきますから両家での確認が必要です。正式なものとは仲人が両家を行き来しますが、略式は、一同が会して行います。
略式か、正式かなどは両家がよく話しあって、形式を整えるようにしましょう
両家の地域が違う場合は、話しあってどちらかに合わせます。
私が仲人をしたご夫婦は福井県と福島県のご出身でしたが、両家の話し合いにより、
福島県方式となりました。
結納金も結納返しをしない地域や一割返し」「半返し」などさまざまです。
結納品はあらかじめ結納店やデパートで購入しておきますが、結納を行う場所は正式
には両家の自宅になりますが、略式では、ホテルや料亭などで、当人、双方の親、や仲人夫妻が集まって行います。

結納は必要でしょうか?
必ずしも決まりきった形式は必要ないのですが、けじめをつける意味で、なんらかの
形式を踏んだほうがよいと思います。
結納金と結納返しだけを行うとか、一同で食事をするなどの、両家で納得する形をとりましょう。
結納は式の半年前から3ヶ月くらい前が適当ですが、都合のつきやすい週末の午前中かお昼頃に行うのがよいでしょう。
その昔には、吉日の午前中に行うものとなっていましたが、最近は吉日や午前中にこだわる人は少なくなっています。



結納式の費用の分担
祝のお膳、仲人のお礼などにかかった費用は、正式であっても略式であっても折半とするのが一般的で、式場や料亭などで行った場合、食事代や部屋代、係りの人に対する心づけなども折半が多いようですが、先方の交通費等も考慮して、負担を考える場合もあるようです。

結婚式@情報館TOPへ




posted by でんじろう at 13:28| Comment(0) | TrackBack(2) | 結婚式準備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月08日

教会 結婚 式

キリスト教会での結婚式




?kextukonn 0015.jpg



関係者だけでなく、通りがかりの人など誰でも参列できるのが
特徴です。
友人なども大勢呼べるので人気があります。
信者でない人は当日までに何度か教会に通って教義を理解する
為の講座を受けます。
最近では、通信講座での受講も可能なところもあります。

チャペル
ホテルや結婚式場などのチャペルで行う式は、披露宴とセットで申しこむ
ようになっています。
牧師が執り行い、賛美歌を歌うなどキリスト教式で進められま
すが、教会とは違うので、講座を受講する必要はありません。
費用は披露宴などと一緒に支払います。

?kextukonn 005.jpg



しかし、せっかくの機会ですから、講座受講を申請して見ま
しょう。キリスト教会から来ている牧師さんであれば快く引
き受けてくださると思います。
又、式場と交渉してキリスト教会の牧師に当日来てもらうこ
とも出来ると思います。
フアッションとしての洋式の結婚もとても良いものですが、生
きてより良い生活をするには命の水が欠かせません。
この命の水が聖書です。

?kextukonn 011.jpg



結婚式@情報館TOPへ



続きを読む
posted by でんじろう at 13:25| Comment(0) | TrackBack(2) | 結婚式準備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月07日

結婚式アドバイス

結婚式の準備(予算のことなど)るんるん

結婚式にまつわる費用は、男性側が6割、
女性側が4割などといわれていた時代がありました。
現在もそのような場合が多いのですが、こだわる
こたはなくなっていますが、一応の基準として双方
の納得の範囲で決められています。

披露宴のご祝儀など必要な予算を考え合わせて、
それぞれのふところ事情に合わせればいいと思います。。


一般的には、挙式費用や仲人へのお礼など、
互いが同等にかかわるものについては半分ずつで、
それ以外の衣装代などは自分持ち、
招待客の飲食代や引き出物については
招待した側がその人数分を負担する、
という考えが多いようです。


相手の都合に振り回されるのではなく
お互いに納得できるような形にするようにしましょう。

私の仲人での失敗例を一つ
公務員のお譲さんと経営コンサルタントの長男さんの
結婚のとき、お嬢さん方のお母さんから当家は質素をモットー
にしているので、お互いの両親は洋装で、仲人さんも洋装でと
言われそのようにしました。
しかし、長男さんのお母様はたぶんこれは不満だったのであろ
うと・・・・立派な洋装で出席されましたが、なんとなく雰囲
気で気持ちを感じました。
仲人が一方的に話しをすると相手は自分の気持ちを言えなく
なる場合があるのでは・・・・と


出身地が異なる場合は慣習や価値観が違う場合が多いですから
前もって相談しあわないとうまくいかなくなる可能性がありまから
当人同士と連携しながら、両家の間で決めましょう・・。

私の仲人経験ですが、東北地方の女性と北陸地方の男性の結婚式の
場合で東北地方の女性の場合嫁入り費用を男性側が持つ地域があ
るようでした。この場合は女性側に準づる形で両家が相談しました。



費用に関してはお金が絡むみますので、
相手の言い分や理由を説明しあって、
すばらしい素敵な結婚式ができたなら、
お互いの絆が深まると思いますよ。♪

結婚式の費用には、
挙式本体にかかる費用外にも色々あります。

まず、媒酌人へのお礼があります。
また、司会者やカメラマンなどの役を
友人や知人に頼んだときなどには
その人への謝礼が必要になります。

美容師や、新居へ荷物を運ぶ場合の
運送屋さんへの祝儀なども必要な場合があります。

また、遠方から親戚や友人や上司を招く場合は、
旅費と交通費についてはこちらで用意するのが
礼儀とされていますので、これも必要になります。

私の結婚式での失敗
20代でもあり若かった私は遠方から出席してくださった
上司に交通費を出すマナーを知りませんでした。
又、両親も気づかずそのままになってしまいました。
十年後に左遷がありました。
この時の配慮に欠けた部分が遠因にはなっているのではないか
といまでも思っています。


そのほかにもお世話になる人などがいる場合には、
費用がかかる場合があります。

手助けしてくれた人々に対するお礼が出せないように
ならないように、しましょう。

挙式から、披露宴、新婚旅行にいたるまでの結婚式に
まつわる費用をどのくらいかけるのか前もって予算立て、
双方で話し合いをしましょう。
飲み物を追加したりとか予算外の予備費用も考慮して
ゆとりを持って楽しめる結婚式にしましょう。

ハートたち(複数ハート)

結婚式準備のカテゴリー結婚式髪型参照で私の失敗を語っています。
それは、美容師さんが舞妓さんのような化粧法をしたので、花嫁が笑うと顔の化粧にヒビが入り、笑えなくて不自然なものになったことです。


結婚式場でのリハーサルや打ち合わせには必ず出ましょう
私の恥を晒しますが、式場が仕事の都合で遠くて、打ち合わせにでなかったので、写真による結婚に至るまでの双方の生い立ちなどの紹介が誰かわからない人のモデル写真で紹介されてしまったり、新郎新婦が神式での挨拶のときモデルとなる言葉を取り違えてボクを家内が、わたくしを自分が反対に挨拶してしまったことです。
今でも家内には不手際を責められています。
「結婚式を舐めたらいかんぜよ!」とは私自身の自省のことばになりました。

体験談をもうひとつ

新郎のご親戚に用務員さん?からたたき上げて裁判官になった方が
おられました。晩年、勲何等かを授かり勲章を結婚式にしてもよいですが?と媒酌人の私に質問されました。
何とも返事が出来なかったことを覚えています。
今、思うとせっかくの機会ですから、せめて勲章をして写真をとりましょうと配慮してあげたらよかったかなと今になって思っています。
posted by でんじろう at 13:03| Comment(0) | TrackBack(2) | 結婚式準備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。